【運気上昇】おみくじの意味を理解して良い1年にしよう!

日常

初詣に行くと、おみくじを引かれる方も多いのではないでしょうか?
結果が大吉だったからラッキー!凶だったから最悪~!それだけで終わってたら勿体ないですよ!

運を逃さないために、おみくじの意味をレクチャーしたいと思います。

おみくじの由来は?

おみくじは昔、後継者選びや、国の祭事・政といった需要事項を決定する際、神様からの声を聴くための道具として用いられていた籤(くじ)が起源だと言われています。

国の重要事項をくじ引きで決めていたのには驚きですね!

 おみくじの縁起のいい順番は?

大吉が一番いいのは分かるけど、小吉?末吉?どっちがいいの?

神社マニアの私が教えてあげよう!

一般的なおみくじの順番は以下の通りになります。

順番
大吉>吉>中吉>小吉>末吉>


え~!!!中吉より吉のほうが上なんだ!

おみくじで大事なのは結果よりも、下に書かれてる言葉なんだよ!

おみくじの言葉の意味

文言の意味

待ち人→人生を良い方向に導いてくれる人

探し物→探し物に関すること

縁談→結婚に関すること

失せ物→失くした物、落とし物に関すること

旅行→旅行やお出かけに関すること

方角→縁起の良い方向

学業→勉強や受験に関すること

争い事→他人とのケンカやコンペなどの勝負事

引っ越し→住まいの変化に関する事

健康→体調に関する事

結果の良し悪しにかかわらず、神様からのアドバイスだと思って、その内容を今後の生活指針とする事が大切です。

おみくじは結ぶの?持って帰るの?

おみくじは結ぶの?持って帰るの?

実はどちらも正解なんです!

神様からのお言葉なのでいつでも読み返せるように持ち歩くのも、結果が悪かったので、その場で結んで帰っても大丈夫ですので、自分にとって良いほうを選んで下さい。

ただし、次の年を迎えたときにゴミ箱に捨てるのはNGです!

過去に引いたおみくじは神社の指定された場所に結んで返しましょう。

おみくじを引いた神社が遠いときは近くの神社に返しても大丈夫です。

最後に

おみくじは参拝をした後に引きましょう。

参拝せずに引くのはタブーです!

おみくじは運試しではなく神様からのアドバイスです。

結果だけを見るのではなく、書かれている内容を謙虚に受け止め、これからの生活に活かすことが大切ですので内容を未来に活かして運気を上昇させましょう!

最後に正しい参拝の方法も紹介しているので読んでみてください


最後まで読んで頂きありがとうございました。